ipadと他のタブレットの違い

スマートフォンよりも大きな画面で操作する事ができるタブレット端末では、Appleのipadが人気です。でも他のタブレットとどっちがおすすめ?というときには、その違いをよく知らなければいけません。

違いということで見ていくと、まず価格帯があります。ipadはSIMカードを使えるものであれば6万円から7万円前後でWi-Fiだけならば3万円台くらいです。一方で他のタブレットでは安いものであればSIMカードを使えるもので3万円から4万円、Wi-Fiだけならば2万円前後が標準的ですがやすければ1万円以下のものもあります。安く手を出しやすいということでいえば他のタブレットのほうに分があるといえます。

では使い勝手はというと、画面が綺麗で操作も簡単で作業の軽さもストレスは殆どありません。iPhoneやPCのiTunesを使っているのであればすべてを一つのアカウントで使えてクラウド経由でデータの共有も簡単です。機械があまり得意ではないという人でも安心して使えます。

他のタブレットのほうは、メーカーごとに液晶やCPU・メモリなどの性能がかなり差があります。価格が高いものであれば、ipadにも負けない操作性がありますが、1万円以下の格安タブレットともなれば、アプリが満足に動かないこともあります。ただ、音楽を聴くなど軽い作業しかしないのであれば低いスペックのタブレットでも満足できるでしょう。それに拡張性という点もMicroSDカードを内蔵メモリのように使えるのも魅力です。新型のiPadでもカードリーダーを使ってMicroSDカードやSDカードにデータを転送することができるようになっていますが、接続をする手間が問題です。

一番大きい違いはOSでiPadはiOS、他のタブレットは多いのはAndroidですが、iOSであれば古い機種でも最新OSに対応できるのに対して、Androidはバージョンアップ出来るのは1回くらいです。アプリは古いOSになると使えなくなるものが多いですからバージョンアップできないと保存していた写真や動画を見るくらいしか出来なくなります。長く使いたいならipadのほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です