アンドロイドスマホのバックアップ方法

アンドロイドスマホのバックアップ方法は大きく分けて2つ方法があります。1つはOSの標準機能を使う方法で、もう1つはアプリを用いる方法です。OS標準機能で本体のみで設定することができるので手軽です。ただしグーグルのアカウントと同期させてデータを保存しておく方法なのでアカウントと紐付されているものだけしか保存することができません。保存できるものは、アプリやWi-Fiのパスワードやブックマークなどです。写真や音楽などのコンテンツはアプリを使います。アプリが充実しているのはアンドロイドスマホの特徴です。OS標準のバックアップの手順は以下です。設定アプリのバックアップとリセットで行います。次に私のデータをバックアップという項目と表示されるため、タップすると自動でスタートし、終われば設定終了です。復元するときには新しいアンドロイドスマホを起動したときに同じアカウントでログインすれば大丈夫です。アプリを使うときには手順は以下です。アプリを予めダウンロードしておき、バックアップをスタートさせます。保存先にはSDカードかDropboxなどのクラウドストレージを選びます。保存先を選ぶとデータの抽出が始まります。保存先など概要が表示されるので確認します。バックアップはスタートするとデータの量にもよりますが、データ量が多いほど時間がかかります。データ量が多く時間がかかると予想できる場合には、電話がかかってこない時間帯に行うことがおすすめです。アプリによって、途中で抽出が止まってしまったりデータの保存が不十分になってしまったりとさまざまなトラブルが想定できるため、電話のかかってこない時間帯を選ぶようにします。バックアップが終了すると、ファイルが自動的に圧縮されて、完了したことを表示してくれます。バックアップされた項目を確認することができます。復元したいときにはバックアップ先を開いてから使ったアプリを起動し復元させて完了です。無料通話アプリは自動的にトークの履歴が引き継がれません。トークの履歴を残したいときには設定からバックアップを行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です